歯科が通いやすくなる

歯科でのバリアフリーとは

トップ

高齢化に伴う歯科の工夫

歯は健康のバロメーターでもあるので高齢者にとって歯のメンテナンスを受けることは大切です。しかし、通院を考えた時に入り口に段差があったり、診察チェアへの移動が困難というケースも考えられます。 高齢化社会である日本においては、公共施設だけでなく歯科も高齢患者に対しての工夫が必要な時代といえるのです。 そうしたことから、昨今はバリアフリーの医院も多く出てきました。 例えば、駐車場から入り口まで段差もなく一人でも通院できるようなつくりになっていたり、車いすの方がそのまま治療を受けられるような車いす専用のチェアーを使用していたり、診察室を広く設けることなどです。 このような工夫を行うことで高齢者が気軽に通院できる歯科を実現していくことが今後重要となってくるはずです。

バリアフリーの構築について

歯科がバリアフリーになった場合、高齢者や体の不自由な人々等も安心して病院に通う事が出来ます。しかし、これを実現するためには、多額の資金が必要です。また、高齢者や体の不自由な人々をサポートするスタッフが必要になります。これらに費用がかかり、治療を行う器具の導入等患者の歯の健康を保つ道具の購入やレンタルができない可能性があります。歯科でのバリアフリーが実現した場合、患者本人だけではなく、付き添いの家族等の精神的、肉体的な負担を軽減する事が出来ます。すべての人間が自分の力で通院できる社会を実現するためには、このシステムの導入は必要不可欠です。

歯科でのお得情報