歯科で美しくなろう

歯科で綺麗になるために

トップ / 歯科で綺麗になるために

歯科で歯を白くする方法

白い歯は、永遠の憧れです。歯が白いというだけで、笑顔が美しく際立って見えるから不思議です。歯科で歯を白くする方法としてはホワイトニングが一般的ですが、その他にもラミネートベニア法というものがあります。ホワイトニングが歯を白く漂白させるのに対し、ラミネートベニアは自分の歯の表面をわずかに削り、ネイルチップのようなセラミックなどの白い歯を直接自分の歯にはりつけていく方法です。この方法なら、生まれつき色の濃い歯であっても短期間に歯を白くすることができます。また、ホワイトニングのように色があともどりしてしまうようなことはありません。興味のある方は、歯科で相談されてみてはいかがでしょう。

ラミネートベニアについて

前歯は顔全体の印象にも関係してきます。きれいな前歯だと、笑顔も明るく、爽やかな印象になりますよね。歯科ではラミネートベニアという治療方があります。神経をとったことによる歯の変色を白くしたい場合や、歯の形を変えたい場合などに使用されます。ラミネートベニアは、歯の表面を少し削り、そこに薄いセラミックのシェルを貼り付ける治療法です。短期間で思い通りの白さにすることができるので、結婚式前などに人気です。歯の色の後戻りがなく、比較的歯を削る量が少ないという利点があります。しかし、削る量が少ないとはいえ、健康な歯を削る必要があります。保険も適用されず、自費治療なので、よく歯科医師に相談し、納得したうえで治療することが重要です。

歯科でのお得情報